月島の日記

無理になってきた人

面接の一部始終


「月島さんは、勤務地がずっとここでもやっていけそうですか」
「はい、大丈夫です。どこも同じです」
「そうかあ、心強いなあ。ここではどんな生活をするの?」
「休日になったら寮から車を出して、川を撮り続けます」
「へえ」
「撮ったネガは寮に置いて、長期の休みにそいつを持って東京に行きます。現像と紙焼きを済ませたら、またここに戻ります」
「暗室ならここにも有りそうだけど、東京なの?」
「卒業したら東京に暗室を持とうって約束なんです、友達との。安い家を借りて、静かな」
「それはいい」
「はい」